昔から音楽が大好きでした。
幼少の頃は習っていたピアノの影響で、クラシックから童謡。
中学に入ると洋楽に目覚め、R&Bを中心にかなり聞き込みました。
当時の日本ではアイドルが人気でしたが、ギターやサックスなどを使用したビックバンドも出始めてきました。
そんな中、サックスを使用したバンドが大好きになりました。
歌との間奏中に、サックスをひいている姿と音がとっても格好いいのです。
少し昔風の歌とマッチしていてしびれました。

トランペットを大きくしたような金属の楽器、サックスとはいったいなんだろうとずっと思っていました。
その後大人になり、ジャズも好きになったのですが、サックスの存在感がすごくてものすごく自分でも演奏してみたくなりました。
サックスとは、サクソフォーンといって、ベルギーで生まれた金属でできた木管楽器です。
ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種があり、主にアルト、テナーなどがポップスやジャズで使用することが多いようです。

大人になってサックスなんて習えるのかなと思い、音大出身の友人に聞いてみたところ、都内を中心にしてわりとサックス教室が存在しているそうです。
サックス教室なんて格好いい。
まずそう思いましたが、そんなに簡単にはできないだろうと思いながらも体験教室へ行ってみました。
なんと講師は現役のジャズプレイヤー。
そんな方が教えてくれるなんて緊張します。
大きなサックスを実際に触ってみてまず興奮しました。
そして音を出してみましたが、正しい奏法で吹けば意外と簡単に音が鳴りました。
教えていただいたとおりにやってみただけです。
すごくびっくりすると同時にうれしくなりました。
私も先生のように格好よく演奏してみたい。
練習を重ねれば発表会にもでられると聞き、これはぜったいに頑張りたいと強く思い、サックス教室に通うことにしました。
来週からの練習がとても楽しみです。
早く上手に演奏できるように頑張ります。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans