オーダー家具で素敵に暮らそう »

川口市の実家はそろそろリフォームが必要です

2011-07-08カテゴリリフォームの一覧 | コメントはまだありません »

年末年始に、川口市の実家に帰省しました。乾燥した寒い日が続き、自分のマンションでは味合わない、隙間風に眠れない毎日でした。古くなった実家は、きっと少し傾いているのでしょう。障子やふすまはきちんと閉まらず、サッシまで鍵が最後まで回らないほど歪んでいます。そろそろリフォームを考えたほうがよさそうです。こんな寒くては、身体に答えます。実家にいると、たくさん着ていても寒く、末端がなかなか温まりません。節電どころではなく、たくさんの暖房器具を強にしていないと温まりません。


実家のリフォームには、躯体などからしなければならないのか、それとも枠などだけで大丈夫なのか、いくつかの業者にあたらなければなりません。近くの川口市内で探すか、もっと広範囲で探すか、私が取り仕切らなければ、両親はこのままで良いと言いかねません。


インターネットなどで、状況説明だけで専門業者に聞くと、枠だけでも良い場合もあるとのこと。やはり、現場を見ないと何とも言えないようです。川口市の実家と同築年数の家には、多いリフォームだそうです。枠だけの簡単なリフォームで済むなら、費用は何とか自分の貯金だけで、賄えそうです。でも、大掛かりなリフォームになればどうするのが良いか、また別の選択を考えなくてはならないです。後者になれば、そろそろ自分も、実家へ帰り、建て替えを考え、これからの仕事なども真剣に考えなければなりません。転勤が可能なら、何よりです。


Leave a Reply