Skip to content

挿入している指をゆ

クリトリスの攻め方の基本としては指先

ははーん、これは遊んでるんだな、と俺は思った。普通は、足払いで倒したら顔面にワン、胴体にツー、ってやってとどめを刺す。でもそれじゃレクリエーションとして面白くない、まだまだ楽しもう、ってことなんだ。すると今度は、コケにされて怒り狂ったYが、皿をつかんで投げてきた。それは、笹原さんのリーゼントにした髪のすれすれに飛んでいって、壁に激突して粉々に割れた。笹原さんは怒った。
「てめえ、男の顔に傷つけたらただじゃおかねえぞ」笹原さんというのは、これがまたいい男なんだ。
顔は池部良を若くしたような感じで、俳優なんかと比較してみても、ものすごくかっこいい。それで、自分の美貌に危うく傷がつきそうになったってことで怒ったんだな。二人は二、三歩駆け寄って、正面から殴り合いになった。原さんの右拳が、一瞬早く相手の顔面をとらえた。殴った瞬間に、相手の首筋をつかんだように見えた。さらにもう一発顔を殴ったら、Yは失神してしまった。そこへ警官隊が入ってきて、一気に制圧した。
あれはまさに秒殺だった。天才としか言いようがない、神業だ。笹原さんは身長一七○センチくらいで、体格は人並みだったが、ケンカにおいては神様だった。その一件は、調書ではうまくごまかして「制圧行為中に抵抗がやんだものである」と書いておいた。要は気絶してるだけなんだけどな。笹原さんとは四年間一緒に組んで仕事をしたが、その時の現場が一番見事だったな。笹原さんは、顔もいいが頭もすごくよくて、話もうまくて、女にめちゃめちゃモテた。銀座のクラブのママで、笹原さんと会ったその日の晩に自宅に泊めちゃった人を何人も目の当たりにした。彼はまたすごく気風のいい人でもあった。刑事だから当然貧乏なんだけど、その店のママと肉体関係があっても、ママが断っても、飲んだら必ず金を置いていくんだ。
全然たかるってことをしなかった。笹原さんのケンカの強さは銀座でも有名で、店の用心棒代わりにもなるから、どこに行っても喜ばれた。それに、客にヤクザがいると、マネージャーからママからホステスから、みんな気が休まらない。
でも、笹原さんが銀座のクラブに行くと、ヤクザがビビッて帰ってしまうんだ。俺たちがいるとその日は絶対にヤクザが来ないから、店側からは来てくれ来てくれって頼まれる。逆に、ヤクザは俺たちがいると気が休まらないわけだな。高い店だろうが何だろうが、聞き込みのときはひるまずに入っていって、店の女と親しくなることも教えられた。あと、ある晩、聞き込みに行った店で、笹原さんが二人だけで事情を聞きたいって言って、奥の席でママと二人っきりになった。もれてくる話をこっそり聞いてると、結局口説いてるんだ。
事情っていうのは、まあ、店に出入りしている暴力団がどこで、みかじめ料をいくら要求してくるかっていうようなことなんだけど、笹原さんが、しゃべってるうちにだんだんママの目が潤んでくるんだ。
「そうか、あんたもいろいろ大変だな……」なんてやさしい言葉をかけて、そのうちママの身の上話になる。それで、帰ろうとすると、「待って、笹原さん、看板まで飲んでいってくださらないかしら」なんて引き止められる。こりゃあ落ちるのも時間の問題だな、と思ったら案の定、笹原さん、次の晩もその店に行こうって言う。どうしたんですか、ってきいたら、いやあ、できちゃったんだよって言うんだ。昨日の晩、ママのマンションまで送っていって、そのままできちゃったと。そんなのは何人もいたな。

マン汁でジトジトに濡れてオッパイをゴクゴク飲んでいるという方が近い

眠る時間を惜しむよう

「水商売の女っていうのは今まで苦労してきてるから、話を聞いてほしいんだよ」と笹原さんは言った。師匠、笹原さんには、そんな口説きのテクニックも教わった。-超能力で事件解決
意外と知られていないことだが、警察には、超能力で殺人事件を解決しているという公然の事実っていうか秘密もある。FBIの心理捜査官のような職は、日本でも近年注目されているが、実はあまり信用されていない。それより、今実際に活用されているのが霊感なんだ。また、警察では、知ってか知らずか坊さんや神主の息子などに多い、霊感を持つ人間を積極的に任用している。彼らが持つ、科学を超えた力を買ってることになる。警察署長が、自分の管轄内で起こった殺人事件がなかなか解決されず、世間からの風当たりが強くなったとする。彼は地方の山奥に住んでいる祈祷師、例えば、呪い師、山伏の類いを訪ねることがある。その時には、例えばその婆さんの好きな羊葵の菓子折りなどを一つ、土産に持って行くだけだ。署長は菓子折りを差し出すと、事件の経緯を説明し、助言を乞う。じゃあ、やってみましょうか婆さんが祈祷を始め、やがて答えが出る。
「その被害者は、山に埋められていますな」
その山の中から殺された男の死体が出てきた。心当たりの山を掘り返してみると、さっそく、果たして、また、有名な拝み屋がいるって聞くと、まず刑事が訪ねて行って、自分の家族のことなんかを聞いて、当たるか当たらないかを試す。それで当たったとなると、いざ殺人事件が起こって、死体が見つからない時なんかに、やっぱり菓子折を持って行って、死体がある場所の特徴などについて聞き出してくる。こういうことは、俺の現職時代に何度も見聞きしている。そしてこの婆さんへの報酬は、署長のポケットマネーから出る。いわば機密費外で、たかだか三万円くらいの出費だ。俺が知っている限り、岡山や広島あたりの殺人事件のかなりは、こういった霊能力者によって解決されている事件が多いのではないか。
なぜかは知らないが、岡山は日本の多くの宗教の発生地だ。そのことに関係があるのかもしれない。◇デカにも超能力はある!これは特殊な能力ではなく、だいたい三年から五年も刑事をやっていると、ピンとくる感覚が身に付くんだ。どんな刑事にも、この霊感のようなものが備わってくる。俺は、三年くらいでこの感覚が身に付いた。いったいどういうものかというと、殺人事件の容疑者を目の前にして尋問していると、会った瞬間、あるいは一言二言会話を交した途端に、こいつはやっている!犯人だと確信することがある。
俺は、ロサンゼルスで起こった殺人疑惑について、現地にいた時に合同捜査班とテーブルをかこんだことがある。捜査は決定的な証拠を欠いたものの、現地の警官はみん
あいつが犯人だと確信を持って言っていた。やっぱりそうだった。な、ことの次第は解らないが、刑事の勘は当たるんだと、俺は今でも思っている。これは、人間の五感は科学捜査にも勝るということだ。逆に捜査官がバカだと気罪になる。現場一○○回というのは刑事がよく使う言葉だが、捜査に行き詰まったらとにかく現場に戻るのが基本だ。そこには犯人を解くヒントが転がっている。現場はもう血痕も何もきれいにした後で、証拠品が残ってるわけじゃない。

 

とか可愛くなっちゃ

しかし、その場に立つと霊感みたいなものが働いて、犯行時の模様が感覚として浮かんで、インスピレーションが出てくる。殺された被害者の無念さが伝わってくる。それが事件解決につながったこともたくさんある。そして、俺が担当した強盗殺人事件で、被害者が犯人に抵抗して腹を刺されたものがあった。被害者は死ぬまでに相当長い時間がかかっていて、血の海の中をのたうち回っている前で、犯人は知らん振りして金目のものを物色していたんだ。田舎の一軒家で、声を上げても外には聞こえない。被害者はその間、ものすごく強い念を発していたはずだ。怖い、痛い、苦しい……。現場に行くと、そういう念の残淳みたいなものが伝わってくる。殺人現場に立つと、俺は強く念じる。
「絶対に犯人を捕まえてやる。事件を解決して被害者の無念を晴らしてやる!」それが、刑事の特殊な捜査能力を呼び起こすのかもしれない。

殺人未遂犯に東刺された!

俺たち警察の仕事は、獲物を捕らえるハンターにも似ている。そして、追い詰められ、逃げ場を失った獲物は、牙をむいてこっちに向かってくるのが常だ。交番勤務の頃、刑事になる講習を終えた俺は、夜の勤務に戻るために、同僚の警官三人と一緒に交番へ向かっていた。タ方から降り出した雨で、盛り場のネオンがにじんで見えた。いつもより人通りが少ない繁華街の中、相合傘の若いカップルが身を寄せ合って細い路地に消えていくのを、俺は見るともなくぼんやりと眺めながら歩いていた。その時、ギャーという男の鋭い悲鳴が、夜のしじまを切り裂いた。ハッと我に返ると、少し先の電話ボックスの陰で、ヤクザ風の男が地面に膝をついて崩折れるところだった。
白いジャケットの脇腹に広がる血が、夜目にも鮮やかだ。足音のするほうに目をやると、ガードマンの制服を着た男が、すごい勢いでJRのガード下に走り込むところだった。俺たちは一瞬顔を見合わせると、次の瞬間にはもう走り出していた。気配を感じた男は一度立ち止まってこっちを振り向くと、右手に血のついた刃物を握り締めたまま、
再び走り出した。
警官三人で追いかけて、俺が真っ先に男に追い付いた。暗い駐車場に逃げ込んだ男は、行き場を失って右往左往している。ガタガタン、ガタガタン、と電車が走り過ぎ、後にはザーッという雨の音だけが薄闇の中、俺はじりじりと男を追い詰めた。そして男の背中に向かって鋭く聞こえる。言った。待てっ!向こうは刃物を持ってるし、一回くらい撃っちゃおうか、俺はそう考えて、腰の拳銃に手を伸ばした。でも、後ろから撃ったとなると後で問題になって面倒だから、相手を振り向かせてから撃とうと思った。撃つぞこら待て、向こうはぴたりと立ち止まった。止まったということで、相手は拳銃を持ってないのが分かり、俺は少しホッとした。警棒もちゃんと身に付けていることを片手すると、で確認し、俺は男に向かってさらに一歩、足を踏み出した。次の瞬間、男は振り向くと、こっちに突進してきた。かわせると思ったが、相手の動きのほうが一瞬速かった。

風俗でフェラをするとき風俗を知らない部下達残業が終わ制服の右の脇腹に包丁の刃が吸い込まれるのが見え、と喰り声を上げた。ウッだが、痛みがまるで感じられない。あれ、痛くないなと思ったその時、脇腹がカーッと熱くなった。火傷したみたいに強烈な熱にクラッときた瞬間、男が刃を引き抜いた。俺は腹を押さえて、パッと後ろに一歩退いた。奴はもう一回刺してくるか。警棒を出そうか、拳銃を出そうか。でもその動作の二秒くらいの間に刺されてしまうかもしれない。
俺は腹を押さえたまま、腰着状態になった。そこへ、一緒にいた警官が仲間を連れて追いかけてきた。六人の警官に取り押さえられ、血に濡れた刃物を手から取り上げられた。男は五、俺は前のめりになって、その場にうずくまった。ボコッ、ボコッと脈拍とともに勢いよく血が噴き出して、制服のズボンの内側を伝って、靴の中まで流れ込んでいる。右足の靴の中には、みるみる血があふれ出した。こりゃヤバイと思った時には、俺は膝から地面に倒れていた。覗き込む同僚たちの顔がぼんやりして、意識が遠のいていった。
その後、パトカーで救急病院に運ばれた俺は、そのまま数日間入院する羽目になった。幸い命にかかわる傷ではなかったが、今でも大きな傷跡になって残っている。それ以来、女とセックスする時には必ずこの傷、何?ときかれ、その度にああ、これはね……と武勇伝が始まる。
そんな、今では男の勲章のようになった傷だが、あの時もう少し刃先がそれていたら、と思うと今でもぞっとする。窮鼠猫を噛む、というが、追われる者は死に物狂いだ。手負いの獣と化している。それが追い詰められ、その必死なベクトルがこっちに向かってきた時にどう対処できるかが、文字通り生死の分かれ目となる。
一対一四の闘いで死線をさまよった夜数え切れないほどのケンカをし、ありとあらゆる修羅場をくぐり抜けてきた俺だが、制服で一四人もの敵を相手に闘ったのは、後にも先にもあの時だけだ、ケガをして救急病院に運ばれたことはしょっちゅうだったが、あの夜ばかりは、さすがの俺も死を覚悟したもんだ。

    1. バイブをズコズコするのだ
    1. 何を求めているのか良く考えて
    1. その先を濡らす汁ペニス

手コキで抜いてもらデリヘルも多いのだ風俗に入って来る冬

俺が巡査の頃、銀座八丁目をパトロールしていたら、警視庁の無線が入った。
「応援要請。応援要請。愛宕の管内、新橋の烏森口でPMが現在、大人数の男たちに、被害を受けている模様」PMというのは警官のことだ。よーし、これで今夜も暴れてやるぞ、ってなもんで、俺は自転車を飛ばして、ものの三分ほどで新橋の現場に駆けつけた。サラリーマンでごった返す新橋の盛り場の中、男たちに囲まれて、警官が一人ボコボコにされていた。地方からやってきたゴロツキどもが、その夜飲んでいた店すると、の従業員とトラブルになって表へ出たところへ、警官が通報で囲まれちまったというわけなんだ。駆けつけ、俺は男たちの輪の中に飛び込んで、警官を殴りつけていた奴のこめかみに、まず一発お見舞いした。
「なんだ、マッポがもう一人来たぞ」
「一人も二人も一緒だ。やっちまうべ!」男たちの容赦ない攻撃が始まった。なにしろ多勢に無勢。こっちが一発ヒットしたら向こうから三発飛んでくるってな具合で、圧倒的な劣勢に追い込まれた。なんと一緒にやられてた警官が応援呼んできます!って言って、走って行ってしまったんだ。
それで、俺一人で一四人を相手にすることになっちまった。当すると、然のことながら、結局俺はボコボコにやられて、とうとう頭を蹴られ、地面に倒れ伏した。その直後、パトカーのサイレンが聞こえて、応援の警官たちが次々と駆けつけてきた。遅いんだよ、まったく……俺は薄らいでゆく意識の中、力なく舌打ちをした。応援にやってきた警官たちが、ゴロツキどもを次々と制圧してるっていう様子は分かったんだけど、ものすごく頭が痛くて、何も考えられない、動けない。
俺は相当強く頭を蹴られて、脳震湿を起こしていた。声は聞こえてるんだけど、最初は停電みたいに、パチンと電気を消したように真っ暗になった。それで、気がつくとだんだん目が見えてきたんだが、白いものは黒く見える。最初ネガで見えては次第に反転して本来の色に見えてくるっていう、気持ちの悪いことに黒いものは白く見えて、なっていた。そして、俺はとうとう意識を失った。それから、俺は救急病院に運ばれて、点滴を受けた。その時は顔中血だらけで、ぐったりして、いかにも重傷者っていう風情だ。さすがにこれはヤバいんじゃないか、と俺は思った。なにしろ、胃が激しく痛むんだ。俺は、外傷の痛みには全然耐えられる体質なんだ。ヤクザの多くもそうらしいんだ
が、ある種の人間というのは、昂揚した精神状大態になった時には疫痛感がなくなる。俺もそういうタイプらしい。だが、この胃の痛みにはどうにも耐えられない。
実はこれは、相手をやっつけようと思ったのに逆にやられた、そして頭を蹴られて気絶してしまった、ということで、なんとショックで胃が痛くなっちまったんだ。点滴をしながら、若い医者が言った。
「外傷いっぱいあるけど、大丈夫ですか」
「外傷よりも、胃が痛くて耐えられないんです」それから俺は、牛乳が欲しいと訴えた。
「いや、胃の中で何が起きてるかまだ分からないから、牛乳はあげられません」仕方なくおとなしく寝ていたら、またさっきの医者がやってきた。どうして胃が痛むんですか「ゴロツキどもにやられちゃって悔しいんで、精神的なショックで急性の胃潰蕩か何かができてるんだと思います」

風俗でフェラをするとき
射精を子宮に受け止

セックスで普通に感じられる人には当たり前のことを書いていますが一人です

たぶん、医者はあきれ顔で言った。
「あなた、そんな素人判断しちゃいけませんよ」でも、本当に悔しいんですよ「そんなに、耐えられないくらい悔しいんですか」
「耐えられないです。何だか込み上げてくるものがあります」俺は、本当にゲーッと吐いてしまった。見ると、コカコーラみたいな血だった。胃から出血して、それが胃酸でどす黒く変化した液体だった。医者はびっくりして飛びのいた。
「うわー、胃から血い吐いてる!」医者はおろおろして、「ど、どうしよう。この場合に何を打とう……」
と、看護師に相談してる。俺は、内科医の親父に教わったのを思い出して、「ブスコバンでも何でもいい、これを何ミリリットル」とアドバイスした。すると医者は、そう言われるとそうだねなんて言って、ようやく落ち着きを取り戻したかに見えた。ところが分量を間違えて、大量の鎮痛剤を与えられてしまった。そうしたら、目の前の世界がぐるぐる回り始
めたんだ。
「先生、こりゃやあ、分量間違えたんじゃないですか!」俺が言うと、医者はまたあわてふためいて、「あ、そ、そうですね、すいません!」だとよ。まったくどうしようもない医者なんだ。
それで、胃の痛みが治まったのはいいんだけど、目が回っちゃって、気持ち悪くてしょうがない。まったくひどい目に遭ったぜ。かかりちようだいりしばらくして、担当の警部補や警部がやって来て、おまえ、大丈夫かさっきの医者が、と言うと、「いやあ、危ないんです。さっき血を吐いたんです。僕が薬の量も間違えちゃって、申し訳ありません」と、ペコペコしながら謝ってるんだ。それで俺が、「危ないって、じゃあ俺、死ぬかもしれないんですか?」医者は頼りない様子で言う。ってきいたら、「いや、そういうことはないと思うんですけど……」それで、親を呼ぼうってことになったんだが、俺は、医者にならずに警察に入る、と言った時に勘当された身だ。親だけは呼ばないでくれ、と頼んだ。
それで、上司が、死んだらどうする?と言うので、「じゃあ、死んだら知らせてください」と仕方なく頼んだ。それから一晩、七転八倒、地獄の苦しみが続いた。死線をさまようってのはこういうことを言うんだな、と、俺は案外冷静に思った。俺は生きていた。顔も体も全身血だらけで、ボロボロの体でも戻ってきた。翌朝、だが、外傷よりも心の傷のほうが大きかった。やられる一方で、やり返せないままに事件が終結した悔しさといったらなかった。レントゲンを撮ったら、胃潰場の治った跡があるって言われた。やっぱりあの時出血してたんだ、と俺は妙に納得した。
胃というのは、精神的なそれからしばらくして、ショックで簡単に出血するものなんだ。あれは、自分の中で本当に痛い敗戦の記憶として、心に残っている。戦いはこれからだと思ってたのに。今思い出しても胃が痛むぜ。昔逮捕した男が、刃物を持って報復に来た!
刑事の仕事は、しばしばその身が危険にさらされる事が多い。世のため人のためにしたことでも、悪党からは逆恨みされることになる。油断していると命が危ない。勤務時間以外でも気が抜けないんだから、まったく因果な商売だ。ふけいさその日、俺は、付き合っていた女性警察官と腕を組んで、銀座でデートの真っ最中だった。張り込み明けでやっと迎えた非番の日。